【新卒入社 社員に聞いてみた!就活生が本当に知りたいこと】#11[ゲームプランナー職]

ゲーム事業部でプランナーとして活躍中の入社1年目R.A.さんにインタビューしました。

■プロフィール
R.A.
慶應義塾大学 環境情報学部
担当部署/職種:ゲーム事業部/プランナー
入社年月:2021年4月

目次
  1. DONUTSへの入社について
  2. 1日のスケジュールについて
  3. 今の気持ちと今後のビジョンについて
  4. 最後に一言お願いします!

DONUTSへの入社について

入社経緯を教えてください

DONUTSのゲームをプレイしていたこともあり、就活を開始する時点でDONUTSを知っていました。

学生時代はいわゆる大手企業でインターンを経験しましたが、新規プロジェクトに携わるには現場での経験などが必須とされ、窮屈さを感じました。
自分には実力主義のベンチャー企業が合っているのではないかと考え、1年目からDONUTSでチャレンジしようと思いました。

DONUTS入社の決め手、惹かれた点は何ですか?

最終面接でゲーム事業部の部長と話した際に、DONUTS GAMESの今後の具体的なビジョンを沢山聞かせていただきました。
そして、将来自分が事業部を統括するポジションを目指すことも見据えた具体的な話もできたことで、自分のDONUTSでの将来を具体的に想像できたことも大きかったです。

また「PRODUCT FIRST」、良いものを作りたいという強い思いが伝わってきたことにも惹かれました。

入社後に気づいた魅力はありますか?

新規ゲームの企画を提案する場があるのですが、私も入社後すぐに参加しました。事業部長に新入社員の自分が企画を直接提案でき、フィードバックをもらえるという環境はとても貴重だと思いました。

また、社内には自分の知っているゲームを作っていた人や、業界では有名な人が沢山いらっしゃって、同じ土俵で働くことができるという環境には、毎日とてもワクワクしています。

所属プロジェクト・具体的な業務内容について教えてください

社内では割と古株のプロジェクトに所属しており、仕様や仕組み、デザインなどを決めています。

配属の希望を出していたわけではないのですが、システム的にも、題材的にも、自分にバッチリ合っていると思うことが多いので、選考中や入社前の面談などから適性を見て配属していただいたんだろうなと思います。

配属後はどうですか?

自分がやりたいと思っていたゲーム全体を変えていくということにも関われていますし、携われる範囲が広く、とても充実しています。

学生時代の経験などが今に活きることはありますか?

友達とゲームを作ってコンテストに出したりしていたので、その経験は今の仕事と直結していますね。学生時代から積極的にインターンに参加したり、自分で制作をするという経験は大事だったと思います。

社会人になると、特に1年目は覚えることが多かったり、環境が大きく変わるので、メンタルや体調を整えることで、常に良いパフォーマンスを発揮することの大切さを学びました。
学生時代、山登りをしたり体力作りをして基礎体力をつけていたのはよかったと思います。今でも、出社する前に筋トレを毎日しています。

DONUTSのプランナーとして、必要な知識やスキルはありますか?

プランナーを目指す人であれば、パソコンやスマホの電子ゲームだけでなく、色々な種類・目的のゲームに触れておくといいと思います。

社会人と学生では自由に使える時間が全然違います。社会人になってからゲームに関わる時間は増えましたが、純粋にゲームをプレイする時間はやはり少なくなりました。色々なゲームをプレイすることで、引き出しや発想の幅も変わってきますし、この経験ができる一番の時間が学生時代なので、大切にしてほしいです。

1日のスケジュールについて

1日のスケジュールを教えてください

10〜11時 出社
メールやタスクの確認、細々した入力作業などを行います。

12時 昼会(ミーティング)

12時半 お昼
晴れている日は明治神宮までお散歩がてら、参拝に行ったりします。

14時
伝達業務や企画書の詰め作業。
午後は集中して作業していることが多いです。

18時
メンバー間での情報共有。 
チームメンバーと雑談を交えながら、最近のトピックや振り返りなどの情報交換。

20時頃 退社

今の気持ちと今後のビジョンについて

やりがいを教えてください

自分の企画したイベントが世に出るようになって、ユーザーの声が聞けたり、良い反応が見られることが一番のやりがいになっています。

自分たちが作ったゲームが毎回ヒットするとは限らないので、寄せられる意見や反応をもとに分析とチャレンジを何度も繰り返し、その試行錯誤を経て、ユーザーの方々に実体験としてサービスを届けられているんだなと実感しています。

今後やってみたいことはありますか?

自分自身、ゲーム業界を目指したのは、新規ゲームを1から提案し世の中に出すという目標のためです。大きな目標にはなりますが、新しい遊びを提供したいという気持ちがずっと変わらずにあります。

DONUTSについて感じることや思うことはありますか?

いけてるプロダクトを作ろう!という情熱は全社を通じて感じています。常にチャレンジ精神を持ったアグレッシブな会社だなと感じます。

最後に一言お願いします!

DONUTSは年齢やキャリアに関係なくチャンスをくれる環境なので、若いうちからチャレンジがしたい人にはもってこいの環境だと思います。

同じビジョンを持ち、一緒に新たなことに挑戦していける仲間をお待ちしています!

採用情報はこちら

  • キャリア採用
  • 新卒採用