TTP(徹底的にパクる)マインドで攻めまくる!【Donuts執行役員 假屋勝×新卒メンバーインタビュー】

上場企業社長の経験も持つ、今年4月にDonutsに執行役員として参画した假屋勝が陣頭指揮をとる、グループ会社美少女図鑑のライセンス営業、VR事業の新規立ち上げ、MixChannelの新サービス立ち上げなど、稼働1ヶ月で既に個々が収益に貢献している、2020年新卒メンバーのインタビューです。

※TTP(徹底的にパクる)・・假屋や成果を出している人の行動を徹底的に踏襲するという意味

假屋勝(かりやまさる) (写真中央)
担当部署/職種:執行役員 兼 経営企画室 室長
入社年:2020年4月

K.M (写真左)
担当部署/職種:社長室 美少女図鑑/営業・ユニットリーダー
入社年:2020年4月

Y.S (写真右)
担当部署/職種:社長室 美少女図鑑/営業・ユニットリーダー
入社年:2020年4月

Donutsに入社したきっかけと理由

M:きっかけは先輩の紹介で肉会に参加したことでした。
肉会では焼肉を食べながら、ざっくばらんに会社や就職活動について話しました。
Donutsに決めた理由は、面接を受ける中でDonutsの人が一番いい意味で厳しかった印象があったんです。働く上で環境は大切だと思い、一番厳しい環境に身を置きたいという考えから入社を決めました。

あとは、東京の方がビジネスチャンスが多いだろうというこだわりと、Donutsが東京に本社があるので、その2点がマッチした形ですね。

S:僕は大学時代にen-courageという就活支援団体に所属していて、Mとはその時からの付き合いです。Donutsとの接点は、3年生の3月頃にen-courageを経由してグループディスカッション会で初めて知りました。
その後にen-courageのイベントを通じて、元京都事業所の人事担当と話す機会があり、コミュニケーションを取っていたのがきっかけですね。

僕はmissionとして、自分が誇りを持てるコトに挑戦し続ける人生を行きたいと考えています。

会社では様々な人を魅了するような事業や組織を作りたいと考えていて、規模感・事業会社・プロダクト・評価制度の4つのポイントからいろいろな会社を見ていました。

Donutsに決めた理由はいい意味での”ヤバさ”ですね。
自分次第でなんでもできちゃう社内はチャンスだと考えて、決めました。

6月からユニットリーダーに昇格

假屋:実は彼ら、配属1ヶ月ちょっとの早くも6月から「ユニットリーダー」というポジションに昇格したんですよ!営業活動での初動成果が早く高かったという点と、人を引っ張っていくリーダーシップが強かったからです。

リーダーや役職のあるポジションの仕事って、実際に自分でやってみないと分からないんですよね。
なので、スタートダッシュが早かったこの二人が、他のメンバーに先行して昇格して成長し、他のメンバーへも「背中で見せて」行って、チーム全員がもっと強くなって貰いたいという気持ちもあります。

どういう営業スタイル?

M:両軸あるかなと思っていて、質って絶対に量からしか生まれないと思います。
初めは徹底的に量にこだわっていました。

その過程で
①量から得られることを徹底的にPDCAを回すことで質に変わる
②量をこなしていく中で気付きが得れるので、その部分をしっかりと抽出することで次のアクションに繋げる

という2点を意識していたと思います。

S:ほとんど同じ考え方ですね。付け加えるなら、大きなPDCAを回す場を持つことも大事です。僕達は配属されてから毎日二人で反省会を自主的にやっていました。

具体的には、今日の結果がどうで、課題が何で、どういう原因が考えられて、それに対して次の日は何をしていくのかという毎日を積み重ねていった結果、今があると思っています。

配属されてからチームと個人において、最大の気付きは?

M:チームにおいては、“結果”だと思います。
スポーツだとあることだと思うのですが、圧倒的に結果を出すことが出来る人が居るチームって伸びていくと思うんですね。なぜなら、トップの人が結果を出すことで周りが影響されて「自分も行けるんじゃないか!」と思うからです。なのでその圧倒的に結果を出せる人であり続けるように意識しています。

S:個人においては、如何に“適応”できるかが大事だと常々思います。

ここでの適応というのは、会社の文化や上司・先輩の成功プロセスにのっかっていくことを指しています。”適応”において自分の大切にしたいものまで変える必要はないと思いますが、結果を出してきた人のやり方をまず踏襲してみることが大事だと思います。
”マネすること”対して、自分の変なプライドは要らないと思っています。

M:TTP、徹底的にパクるですね(笑)
Sは最初に假屋さんの営業トークを録音していたんですよ。
まさにTTPですよね。

假屋:TTP!面白いこと言うね!
あと、意外と二人とも真面目なこと言うよね(笑)
私の最大の気付きですが、Donutsに集まる新卒のスペックは凄いです。
毎日「こいつらすげえな!」って思いますし、毎日彼らから学ぶことがたくさんありますね。
例えば、チームで「こうしよう!」って決まった方針を、素直にすぐに実行してみるんです。

そして、すぐにその結果を目視して実感して、そこから二人で様々な形でPDCAをさらに回していった結果から、「假屋さん、こちらの方が効果が良かったのでこの方向性でいきましょう」という気付きを得てくれるので、私も毎日学ばせてもらい嬉しく思います。

また、昔ながらの若干非効率なテレアポ営業も、ウェブでリードを取ってくるような効率的な営業手法も、彼らは基礎力を身に着けるトレーニングをしながら、成果を出す形で現在の業務に取り組んでもらっています。
もっと次世代の活動方法をインプットしながら、もっと成長していくと思いますので、早く経営者として立ってもらおうと思っています。

美少女図鑑のセールスをしてみてください

M:「美少女図鑑」は元々フリーペーパーをやっている会社で、有名な方でいうと二階堂ふみさんや山本舞香さんなど地方に根付いた女性を発掘するメディアです。
そこで、セールスポイントが大きく分けて2点あります。

1点目は、会社が株式会社テクスファームファウンデーションから株式会社Donutsへ変わり、目指すべき方向性を「IT×美少女図鑑」という形でビジョンを掲げています。

2点目は、「〇〇さんは美少女図鑑出身です」というタレント・モデル・女優の登竜門として位置付けられるブランドを現在目指しています。

以上の2点に共感して下さる会社様を現在、探している状況になっております。
そのサービスの詳細につきましてはSの方から説明して頂きます。

S:只今、Mの方からお話があった通り、地方に眠っている美少女を発掘していくのがコンセプトです。

僕達は将来的にブランドとして地方から東京、そして世界へ繋がっていくような登竜門という位置付けで美少女図鑑を作っていきます。

また、地方にて代理店(ライセンシー)という形で美少女を発掘して頂きたく、代理店手数料が月額12万円で運用して頂けるサービスとなっております。今年の4月には「ジョブカン」や「MixChannel」を運営する株式会社Donutsと資本業務提携をしています。

そこで、「MixChannel」と連携させて貰って配信時間によるという条件付きではあるのですが、代理店手数料の12万円が8万円ほどで美少女の発掘ができるという活動を地方で展開して頂けないかというご提案です。

代理店登録をするメリットは?

S:メリットは3点

①美少女図鑑というブランドによって、地方のタレント事務所として信頼度を高めることができます。
②東京への出口をたくさんご用意しております。地方から東京へスムーズに移させて頂ければと思います。
③媒体を持てることです。美少女図鑑はフリーペーパーの中でも御当地に根付いたものでして、山本舞香さんも『鳥取美少女図鑑』の出身でそこからインセントという東京の芸能事務所へ所属している流れがあります。

つまり、芸能事務所も注目しているようなへフリーペーパーを紙とWebの両方で運用して頂けます。

もともと起業思考があった?

M:僕は近いものはありますが、正直あまり起業思考はないですね。

S:僕は幼少期に社長になりたいという想いはありましたね。
単純に「カッコいいな!」と思っていました。
また、誰かの下に付きたくなかったり、人に指示されたたことをやりたくないという気持ちが社長を志した最初の動機ですね。
あとは、中学・高校時代の塾の経営者やドラマ等を見て、その影響で憧れたのもあります。今は、人生のmissionを達成するための一つの手段でしかないと考えています。

新しい事業のアイデアなどは?

M・S:現状はないですが、何か任して頂くことがあれば全うしたいです。

假屋:私は、若手に早く経営者になって欲しいと考えていて、つまり早く「強い生きる力を持ってもらいたい」と思っているんですよ。
自分が守りたい人達に、豊で幸福な未来を創り続けることができるということです。
当社グループでは、新卒からの数年でグループ会社の社長になる若手も多く、新規事業は多数生まれてきているので、この二人も来年には社長になることと期待しています(笑)

大企業へ就職した人たちと違いは?

M:僕の方が結果にこだわる経験を多くできていると思います(笑)
入社二週間で営業活動が始まり、現在順調に契約件数を伸ばせているので、初期段階において、大手に就職した人立ちよりも良い経験ができていると思っております。そういう意味では、Donutsは良かったのかなと思っています。

S:僕はあまり感じていないですね。
なぜなら、彼らには彼らなりの目的・目標や成し遂げたい野望があって、入社しているんですね。
会社の体制上、僕達は早めにチャレンジする機会を頂いた結果、早めに成果が出ただけだと思っています。彼らも研修期間を経て、社内の派閥を乗り越えていくというハードルはありますが、結果を出していくプロセスは一緒だと思います。
各個人が考えている大義名分が違うだけなのかなと思います。
また、実際にどこの会社へ行ってもやるべきことはシンプルだと思いますね。
如何に現場でやるべきことをきちんとこなして、成果を最大化させて、次のチャンスを掴んでいけるかだと思います。

ロジカルさとパッションのバランス

M:僕はロジカルさが元々無かった人間で、ずっとスポーツをやっていたのでパッションだけで生きてきました。
きっかけは1度起業しようと思っていたことがあって、ベンチャー企業の社長へ1度プレゼンを発表しに行ったことがあったんですね。その時に一言「君、マジで起業しない方がいいよ」と厳しめの口調で言われたんです。
その時に初めて、ロジカルさや如何に事業を成功させるかという観点に付随するスキルが必要だと思いましたし、パッションだけでは生きていけないことに気付きました。

Donutsに向いている人材は

M:勝利への執着だと思いますね。
諦めが悪い人はDonutsに適していると思います。

S:3点あると思っていて、
①柔軟な思考を持ち、適応できる人
②いい意味でプライドを捨てられて、挑戦し続けられる人
③素直でアドバイスを即行動に移せる人 
に来て頂けると嬉しいですね!

採用情報はこちら

  • キャリア採用
  • 新卒採用